無試験で行政書士資格取得

無試験での行政書士資格取得

行政書士になるためには試験を受けて合格する他に、

 

一定の条件を満たしている方には無試験で行政書士資格が取得できます。

 

 

どんな条件かと言うと・・・

 

@弁護士、弁理士、公認会計士及び税理士となる資格を有する方

 

A国又は地方公共団体の公務員として行政事務を担当した期間及び特定独立行政法人、

 

 特定地方独立行政法人又は日本郵政公社の役員又は職員として行政事務に相当する

 

 事務を担当した期間が通算して20年以上(学校教育法による高等学校を卒業した者、

 

 その他同法第56条に規定する者にあっては17年以上)になる方

 

 

@は何も説明しなくてもわかると思います。これらの資格を持っている方で、

 

行政書士資格を取得しようと思う方は、地域の行政書士会に登録し審査等で認められれば

 

行政書士としての仕事をすることができます。

 

 

わかりにくいのは、Aですよね(笑)。

 

簡単に言うと、公務員として行政事務に携わっていた方は取得できるというものです。

 

高卒であれば通算17年以上、それ以外は通算20年以上携わっていたことが条件です。

 

 

これは行政事務に携わっていたことが条件です。技術職に携わっていた期間は対象に

 

なりません。また窓口担当だけでも対象になりません。

 

 

これから行政書士試験を受けようと考えている方には関係ないと思いますが(笑)、

 

こんな取得方法もあるということで紹介させていただきました。

 

次のページ:行政書士試験で確実に点数を稼ぐ「憲法」勉強法

page top