行政書士の資格

行政書士の資格を取れば、すぐに仕事ができる?

車の運転免許は、免許を取得した日から運転できますよね。

 

 

しかし行政書士は試験に合格しただけでは、仕事は出来ません。

 

行政書士として仕事をするには、行政書士会に登録が必要です。

 

都道府県ごとにおかれておる行政書士会は、任意の入会ではありません。

 

必ず入会しなければいけないのです。

 

 

行政書士会への入会は、けっこう大変です(笑)。

 

名前と住所を書けば会員カードが貰えるような、簡単な手続きではないんです。

 

入会手続きには登録申請書、履歴書、誓約書、戸籍抄本、住民票などなどの書類に加え、

 

入会金などの諸費用約30万円(金額は地域によって異なります。)を

 

持参して行います。

 

 

その後、日本行政書士会連合会が審査を行い、問題がなければやっと登録証が交付。

 

そうすると行政書士として、自分で開業しようが、行政書士事務所に勤務しようが、

 

どんな形態でも、行政書士としての仕事が出来るようになります。

 

一般的に、申請から入会手続き完了まで2〜3ヶ月くらいかかるようです。

 

 

ちなみに私は、まだ行政書士会に登録をしていません。

 

なので私は行政書士ではなく、行政書士試験合格者です。

 

ということは、私が行政書士として仕事をすると、法律で罰せられてしまうのです(笑)。

 

次のページ:行政書士の年収は?

page top