行政書士本試験

本試験に役立つ模擬試験活用法は?

模擬試験を受けることは、色々な効果があると思います。

 

まず自分の実力を認識するため。そして出題傾向を知るため。

 

 

また独学や通信で勉強してる方は、試験という雰囲気に慣れておくという効果もあります。

 

行政書士試験は3時間の長丁場です。

 

一問にかける時間がどのくらいか、全体の時間配分をどうすれば良いかなど、

 

時間の使い方も作戦のひとつです。肌で3時間を感じましょう。

 

 

可能ならば、複数の模擬試験を受けよう

 

模擬試験は資格スクールで何度も開催されています。

 

当然ですが、スクールの講師はその年の出題傾向を予想し、模擬試験を作るわけです。

 

そうするとスクールによって予想してる箇所の違いが見えてきます。

 

 

どの模擬試験でも出題される箇所は、かなり高い確率で本試験にも狙われるでしょう。

 

これは落としたくない箇所だということは、納得ですよね。

 

ではAだけで出題された箇所をどうするか・・・・。押さえておきましょう!

 

Bだけ出題された箇所は・・・押さえましょう!Cも、Dも、全部押さえましょう!

 

 

模擬試験は、その年で最高の問題集です。

 

本試験で取りこぼしを少なくするためにも、模擬試験を活用しましょう。

 

次のページ:記述問題対策方法は?

page top