行政書士は「街の法律家」

行政書士は「街の法律家」

前ページで行政書士について簡単に説明しました。

 

 

しかし、「あれ?」と思いませんでしたか?

 

「街の法律家」という割には、私たち一般人には無関係だわ・・・。

 

そうですよね。一般人には建設業許可も、産業廃棄物許可も必要ありませんよね。

 

なぜ行政書士が「街の法律家」なのでしょうか?

 

例えば「小さなカフェを開きたいな」と思ったとき、様々な手続きが必要だろうなぁと

 

想像はつきますよね。

 

その手続きはどこで出来るのでしょうか?区役所?市役所?保険所?

 

手続きには何を持っていけばよいのでしょうか?住民票?印鑑?お店の設計図?

 

アルバイトの雇用契約書はどうやって作るの?

 

オーナーに何か免許は必要なの?

 

少し考えただけでも様々な疑問が生まれます。

 

 

そこで誰に相談しましょうか?

 

法律関係といえば弁護士?でも裁判をするわけじゃないし・・・。

 

雇用契約は社会労務士?でも会社という形態じゃないし・・・。

 

 

そんなときに行政書士が登場です。

 

必要な書類や法律に基づく手続きについて詳しく教えてくれます。

 

行政書士の業務外の内容は、誰に相談すれば良いのか教えてくれたり、

 

紹介してくれることもあるでしょう。

 

 

このように「きっと法律的なことだろうけど、誰に相談すれば良いのか」といった

 

ことを相談できるのが行政書士なのです。

 

行政書士は法律問題の窓口と言っても良いでしょう。

 

街の法律家とは、市民に最も近い法律家という意味がこめられているのです。

 

次のページ:身近な行政書士の仕事

page top