行政書士資格勉強法

勉強の中心は「民法」

私たちの日常生活で、実は最も活用されている法律です。

 

行政書士試験において民法は、法令科目のなかでも大きなボリュームで出題されます。

 

実務においても最も活用する法律の一つでしょう。

 

 

<勉強のポイント>

 

@深追いしない!

 

 民法は条文が1000以上もある法律です。

 

 すべての条文を詳しく理解しようとすることは、最初から無理な話なのです。

 

 また行政書士試験では、そこまでの知識を求めていません。

 

 テキストの内容をしっかりと理解することに重点を置き、深追いして時間を無駄に

 

 過ごさないようにしましょう。

 

 

A何度もリピートして、初めて見えてくる

 

 民法は一度目で理解することは難しいものです。何度も繰り返し勉強し、

 

 総合的に知識が身についてくると、それまで難しく考えていたことも

 

 理解できるようになるでしょう。

 

 

B頭のなかで具体的なイメージをもつ

 

 民法は日常生活に密着した法律です。

 

 買い物ひとつでも、法律用語を使って説明すると、とても難しく感じてしまいます。

 

 最初は法律用語に抵抗を感じるでしょうが、行為を頭のなかでイメージすると

 

 理解しやすくなります。

 

 

民法はとにかく膨大な量です。また科目のなかでも、挫折しやすいものです。

 

民法は一回では理解できないと腹をくくり、繰り返し勉強しましょう

 

次のページ:「行政法」は繰り返し勉強して身につける

page top