行政書士資格の勉強法

確実に点数を稼ぐ「憲法」勉強法

行政書士試験の中で、一番勉強しやすい科目だと思います。

 

実際、憲法を初めて勉強するという方は少ないのではないでしょうか。

 

深く勉強しなくても、中学生のときに基礎的なことは授業であったと思います。

 

だからこそ、憲法は確実に点数を稼ぎたい科目です。

 

 

<勉強のポイント>

 

@判例を抑える!

 

条文と関連して必ず判例を覚えましょう。それほど複雑なものはありません。

 

また、問われる判例は限られています。

 

テキストに掲載されている判例は、確実に押さえておきましょう。

 

 

A暗記するものは、正確に暗記する!

 

暗記だけで得点が稼げる項目です。

 

例えば、内閣総理大臣の権能や国会の権能などは間違えやすい分、正確に覚えていれば

 

それだけで得点に繋がります。また記述問題対策としても、漢字も正確に覚えましょう!

 

 

B公務員試験の憲法テキストも有効!

 

憲法はどの法律系資格でも出題される科目ですが、なかでも公務員試験用のテキストは

 

活用できるものが多くあります。サブテキストとして公務員試験用などを活用すると、

 

さらに理解を深めることが出来るでしょう。

 

 

 

憲法の出題数は、それほど多くありません。

 

だからこそ、ポイントを押さえて勉強し、確実に点数を取るようにしましょう。

 

 

行政書士の実務において、憲法を直接的に活用することは少ないと思います。

 

しかし法律家として、すべての法律のベースにある憲法を身に付けることは

 

最低限必要なことと言えるでしょう。

 

次のページ:行政書士勉強の中心は「民法」です!

page top