行政書士勉強

「行政法」は繰り返して身につける

行政法を普段の生活で意識してるか・・・これほど無縁なものはないでしょう。

 

ちなみに、行政法という法律はありません(笑)。

 

行政書士試験で言う行政法とは、行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、

 

行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とした法律の総称です。

 

 

<勉強のポイント>

 

@自分で具体的なイメージを作る

 

 行政法ははっきり言って難しいです。それは身近な法律ではないからです。

 

 これに慣れるには文字だけで内容を理解するのではなく、ビジュアルから

 

 理解するというのも効率アップの方法です。

 

 手続きの流れを表にしてみたり、間違えやすい箇所同士の比較を作ったりと

 

 目からイメージを掴むとわかりやすいでしょう。

 

 

A総称で呼ばれるには理由がある

 

 行政法という法律は様々な行政関係の法律の総称です。

 

 なぜまとめているのか・・・それぞれの関係性が深いからです。

 

 それぞれの関係性や違いを理解できると、行政法の全体像が見えてきます。

 

 まずは一通り勉強してみて、行政法全体を見ると理解しやすくなるでしょう。

 

 

B地方自治法は一つの科目として考える

 

 近年、行政書士試験では大きなボリュームを占める地方自治法。

 

 これからも合否のカギとなるのは間違いありません。

 

 行政法は試験でも大切な科目ですが、地方自治法は特に重点をおいて勉強しましょう。

 

 

行政書士試験の勉強をする上で、誰しもが難しいと感じる行政法です。

 

民法同様、一回で理解しようとせずに何度も繰り返し勉強して身に付けましょう。

 

次のページ:「商法」の勉強は基本だけで十分!

page top